• 資料請求・見学申込・ご相談
  • 採用エントリー

TEL:084-976-2381

仕事を知る

  1. ホーム
  2. 仕事を知る

介護の仕事と現場について

介護士(介護福祉士)やケアマネージャー(介護支援専門員)など、その仕事についてあらましと魅力についてお話しします。
広島県福山市の「オリーブハウスグループ」で介護職に携わりたいとお考えの方、介護は未経験という方はぜひ、こちらをお読みください。
あなたも“我が家”のように家庭的な介護福祉施設「オリーブハウス」で、私たちとともに充実した日々を過ごしませんか?

介護士という仕事

理想の認知症ケア実現を目指して

認知症や病気で日常生活を送るのが難しい方、身体や精神に障がいがある方に対して身の回りの世話をするのが介護士の仕事。
とくに、その中心となるのが食事や入浴、排せつなどがお世話です。でも、介護士の役目はそれだけではありません。高齢者の方ができるだけ自立した生活を送れるよう支援することも大切な仕事のひとつです。こうした身の回りのお世話や自立支援を正しく行うには、福祉の専門的知識と医学的な根拠に基づいた介護スキルが何より不可欠。介護士とは介護福祉士のことですが、この介護福祉士になるには国家試験に合格する必要があります。

ケアマネージャーという仕事

ケアマネージャーという仕事

介護や支援を必要とする方が介護保険サービスを受けられるよう、ケアプランと呼ばれるサービス計画書を作成したり、サービス事業者との調整を行ったりするのがケアマネージャー(介護支援専門員)。いわば介護と介護保険制度に精通したスペシャリストです。ケアマネージャーになるには、「介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)」に合格する必要がありますが、受験資格を得るには、介護福祉士として5年以上の実務経験を積むなどの条件をクリアしなければなりません。オリーブハウスにもケアマネージャーになることを目標としているスタッフが大勢います。