• 資料請求・見学申込・ご相談
  • 採用エントリー

TEL:084-976-2381

先輩インタビュー 谷 涼香

  1. ホーム
  2. 先輩インタビュー 谷 涼香

先輩インタビュー 谷 涼香

広島県福山市にある“我が家”のように家庭的な介護福祉施設「オリーブハウス」で働く、4名の社員に就職の経緯や仕事へのやりがいについてインタビューしています。なお、「社会福祉法人幸樹会オリーブハウスグループ」では、新たな人材を募集しています。就職をご希望の方は、こちらの記事をご一読のうえ、こちらのエントリーフォームからご応募ください。

先輩インタビュー④ オリーブハウス千田 谷 涼香

先輩インタビュー④ オリーブハウス千田 谷 涼香

託児所併設の職場だから子連れ出勤もOK。
しかも、無資格でスタートしても
働きながらキャリアアップが目指せます。
2017年入社 広島県福山市出身
オリーブハウス御幸
ヘルパー2級 谷 涼香(たに すずか)

介護のお仕事を目指すきっかけは?

介護のお仕事を目指すきっかけは?

私は家庭の主婦なんですが、子育てしながらできる仕事、人の役に立てる仕事がしたいと思っていろいろ探していたら、たまたま介護業界とご縁ができたというのがいきさつです。ヘルパーの資格を取得したのは仕事を始めてからで、週に1度、専門の教育講座を受講して取得しました。

入社のきっかけを教えてください

入社のきっかけを教えてください

きっかけは、私の子どもが保育所の待機児童になったことです。ほんとうは保育所に預けて働ければ理想的だったんですが、それが難しくなってしまったんですね。落胆していたら、託児所が併設された介護施設があることを知って、さっそく応募してみました。それがオリーブハウス千田です。おかげで、今は、毎朝、子連れで職場へ出勤、日中は託児施設に預けられるので安心して働いています。もちろん、休憩時間になれば子どもの様子をすぐ見に行けるのでその点もうれしいですね。

仕事にやりがいを感じるのはどんなときですか?

仕事にやりがいを感じるのはどんなときですか?

やはり、ご入居者様のお役に立てていると実感できるときでしょうか。また、人生の大先輩方と心を通わせることができて、しかもいろいろと貴重な話が聞けるのも介護という職場ならではだと思います。ちなみに、私は三児の母でなんですが、先日、皆さんの前でつい「子育てがたいへんで」と弱音を吐いてしまったことがあって。そうしたら、一人のおばあちゃんが、「そんなの一瞬よ」とやさしく励ましてくれたんです。その一言で、ずいぶん肩の荷が下りたというか、楽な気持ちになりました。じつはお世話しているようで、お世話されているのが、私たちの仕事なのかもしれませんね。

ご入居者様と接する際、気を付けていることはありますか?

ご入居者様と接する際、気を付けていることはありますか?

大切なのは笑顔で接すること。また、相手の気持ちを思いやる、配慮するということでしょうか。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、じつはこれがいちばん大切なのだと思います。とくにご高齢の方は言葉で表現するのが苦手な方が少なくありません。私たちは、そんな皆さんの心中を察して、どうしてもらいたいのか、どんな一言を待っているのかをつねに考えながら仕事をしています。不思議なんですが、こうした経験が子育てにも役立つんですね。たとえば、小さい子がどんな気持ちでいるのか、表情や仕草から読み取れるようになるから不思議。逆にこの仕事では子育ての経験、主婦としての経験が生きることもあります。それも、この仕事の面白いところと言えるかもしれません。

最後に、求職者の方へメッセージをお願いいたします

最後に、求職者の方へメッセージをお願いいたします

私は3人の子どもを育てながら、今、オリーブハウス千田で仕事をしています。たいへんそうだと思われるかもしれませんが、この職場では日勤だけのシフトも選べるので、専業主婦の方、お子さんのいらっしゃる方でも安心して働けます。また、オリーブハウス千田には託児施設も併設されているので、私のように子連れ出勤も可能。何か仕事がしたい、主婦でも子育て中でも社会人として自立したいと考えている方にぴったりの職場だと言えるでしょう。また、私は将来、ケアマネージャーを目指していますが、介護の職場なら無資格でスタートしてもヘルパー、介護福祉士、介護支援福祉士(ケアマネージャー)と、着実にキャリアアップできます。ぜひ、チャレンジしてはいかがでしょうか。