• 資料請求・見学申込・ご相談
  • 採用エントリー

TEL:084-976-2381

先輩インタビュー 三上 真吾

  1. ホーム
  2. 先輩インタビュー 三上 真吾

先輩インタビュー 三上 真吾

広島県福山市にある“我が家”のように家庭的な介護福祉施設「オリーブハウス」で働く、4名の社員に就職の経緯や仕事へのやりがいについてインタビューしています。なお、「社会福祉法人幸樹会オリーブハウスグループ」では、新たな人材を募集しています。就職をご希望の方は、こちらの記事をご一読のうえ、こちらのエントリーフォームからご応募ください。

先輩インタビュー オリーブハウス千田 三上 真吾

先輩インタビュー オリーブハウス千田 三上 真吾

やりがいと魅力に富んだ仕事。
しかも、休みだってしっかり取れる。
世間のイメージとは違います。
2012年入社 広島県福山市出身
オリーブハウス千田
介護福祉士 三上 真吾(みかみ しんご)

介護のお仕事目指すきっかけは?

介護のお仕事目指すきっかけは?

もともと飲食業界で働いていましたが、できれば別の業界に進みたいという思いもあっていろいろ模索していたところ、医療に従事している父から介護職を考えてみないかとアドバイスされたことがきっかけです。当時、すでに29歳だったので、また学校に入り直して一から勉強するのも現実的ではなかったので、働きながら経験を積むことができ、資格を取れる介護職はまさにぴったりだと思いました。

実際に介護のお仕事を経験してどんな印象を持ちましたか?

実際に介護のお仕事を経験してどんな印象を持ちましたか?

世間で言われているほど、つらい職場でも何でもないというのが第一印象ですね。少なくともハードワークという点では飲食業界のほうがよほどキツかったと思います。実際、こちらでは休暇もしっかり取れますし、給与やボーナスも前職よりよほどいただいていますね。

入社のきっかけを教えてください

入社のきっかけを教えてください

最初は派遣として3ヶ月だけ働きました。ただ、すぐに正社員になれるという状況ではなかったので、いったん別の会社に就職して1年ほど働いたのですが、ある日、今の上司から「正社員で雇うから、うちに戻ってきてくれ」という連絡があり、改めてオリーブハウス千田でお世話になることになったというのが、おおよそのいきさつです。

介護職の魅力とは?

介護職の魅力とは?

経験と技術さえあれば、どこでも働ける点ですね。とくに介護に携わる若い人が少なくて、慢性的に人材不足ですから、就職先には困らないでしょう。どうしても、「仕事がキツい」「休めない」「給料が安い」といった、世間のイメージが先行しているので、それだけで敬遠する方が少なくありませんが、このオリーブハウスに限って言えば、そうしたことはまったくなく、むしろ、とても働きやすい職場と言えるでしょう。

仕事にやりがいを感じるのはどんなときですか?

仕事にやりがいを感じるのはどんなときですか?

たとえば、ご入居者様が亡くなられたとき、退所されて別の施設へ移られる際に、ご本人はもちろんですが、ご家族からも「ありがとうございました」「おかげで助かりました」と、感謝の言葉をかけていただくことがあります。そんなときは、この仕事に携わっていてよかったと実感しますね。また、皆さんをトイレにお連れしたり、お風呂に入れて差し上げたりしたときも、「ありがとう」の一言をかけていただくのですが、それだけで1日の疲れが取れるような気持ちになります。こんな経験、前職ではあまりなかったかもしれません。

今後の目標は?

今後の目標は?

そうですね。将来的には介護支援福祉士(ケアマネージャー)の資格を取得し、ステップアップするつもりです。でも、基本的に自分は現場が好きなので、ケアマネージャーとなっても、やはりご入居者様の介護、サポートを仕事の中心に据えていきたい。ケアプランを作成するにしても、現場を熟知しているかそうでないかで、その成果に差が出るはずだからです。

最後に、求職者の方へメッセージをお願いいたします

最後に、求職者の方へメッセージをお願いいたします

とにかく1人でも多く、オリーブハウスの仲間になっていただいて、私たちと一緒に働いてほしいというのが正直な気持ちですね。なかには介護業界はハードだからと、就職をためらっている方もいるかもしれませんが、前述のように、休みもしっかり取れて、ボーナスもしっかり出ます(笑) 仕事については頼れる先輩方が大勢、新人の皆さんをサポートしてくださるのでその点も安心していいと思います。