• 資料請求・見学申込・ご相談
  • 採用エントリー

TEL:084-976-2381

先輩インタビュー 渡邉 美代子

  1. ホーム
  2. 先輩インタビュー 渡邉 美代子

先輩インタビュー 渡邉 美代子

広島県福山市にある“我が家”のように家庭的な介護福祉施設「オリーブハウス」で働く、4名の社員に就職の経緯や仕事へのやりがいについてインタビューしています。なお、「社会福祉法人幸樹会オリーブハウスグループ」では、新たな人材を募集しています。就職をご希望の方は、こちらの記事をご一読のうえ、こちらのエントリーフォームからご応募ください。

先輩インタビュー② オリーブハウス御幸 渡邉 美代子

先輩インタビュー② オリーブハウス御幸 渡邉 美代子

誰かを支えながら、
じつは自分が支えられている
それが、この仕事の魅力ですね。
2004年入社 広島県福山市出身 オリーブハウス御幸
介護福祉士・介護支援専門員 渡邉 美代子(わたなべ みよこ)

介護のお仕事を目指すきっかけは?

介護のお仕事を目指すきっかけは?

もともとは専業主婦で、とくに仕事を持っていたわけではありません。でも、下の子が大学に入学し、子育てが一段落したことをきっかけに、私自身も一人の社会人として自立しようと思い立ったんですね。で、どうせ働くなら人の役に立つ仕事に携わりたいと思い、選んだのが介護職で、その夢を実現するためにヘルパーの資格も取りました。

実際に介護のお仕事を経験してどんな印象を持ちましたか?

実際に介護のお仕事を経験してどんな印象を持ちましたか?

とにかく当初は戸惑うことばかり。確かにヘルパーの資格は取りましたが、実際に現場で飛び交っている専門用語が何を意味しているのかまったくわからず、自分の無知を改めて思い知りましたね。料理や家事といった主婦業の延長のような仕事はまったく苦になりませんでしたが、介護の仕事では空回りが続きました。

入社のきっかけを教えてください

入社のきっかけを教えてください

介護業界を知らない私にとって最初の一歩になる職場だから、できればオープンしたばかりの施設でスタートラインに立てたらと当初から考えていました。そんな矢先、オリーブハウス御幸が開所するということを知り、縁あってここで働けることになったというのが経緯です。つまり、私はオープニングスタッフということになります。

入社前と入社後の印象は変わりましたか?

入社前と入社後の印象は変わりましたか?

人の役に立ちたい──との思いで飛び込んだ介護という職場でしたが、誰かを支えながら、じつは自分がこの仕事に支えられているという実感を持つようになりました。とにかく毎日が充実していて、働き甲斐もある。何よりここが自分の“居場所”だと思えるようになったことが大きいですね。

仕事にやりがいを感じるのはどんなときですか?

仕事にやりがいを感じるのはどんなときですか?

どんな小さなことでも、やりがいが感じられるのが介護という仕事だと思います。やはり、誰かを支え、誰かの役に立っているという充実感はほかではなかなか味わえないかもしれませんね。また、将来に向けて明確な目標を立て、その目標を一つひとつクリアしていくことも私にとっては大きなやりがいかもしれません。介護福祉士や介護支援福祉士(ケアマネージャー)の資格もそうやって取得してきたつもりです。もちろん、この職場ではベテランと呼ばれる世代ですから、自分が成長するだけでなく、若いスタッフを育てることも私にとって取り組み甲斐のある仕事。「渡邊さんのようになりたい」と思ってもらえたらうれしいですね。

ご入居者様と接する際、気を付けていることはありますか?

ご入居者様と接する際、気を付けていることはありますか?

ご入居者様と同じ目線に立つことが基本です。上からでも下からでもダメ。“人と人”として対等な人間関係を結んでいくことが大切なんですね。そうすることで初めて互いに理解し合える。逆にいい加減な気持ちで接していると、言葉は少なくても、お年寄りは私たちの声と表情ですぐそれを察知します。言葉と声、表情、そこにどれだけ真剣さや思いやりが込められるかがこの仕事では大事なんです。

最後に、求職者の方へメッセージをお願いいたします

最後に、求職者の方へメッセージをお願いいたします

オリーブハウス御幸にはいろんな世代の仲間がいて、介護の世界でたくさんの経験を積んできたベテランも少なくありません。介護職が未経験でも、そうした先輩たちがしっかりサポートしてくれるのでとても安心してください。