• 資料請求・見学申込・ご相談
  • 採用エントリー

TEL:084-976-2381

オリーブハウスグループを知る

  1. ホーム
  2. オリーブハウスグループを知る

オリーブハウスグループのコンセプト・職場としての魅力

オリーブハウスグループのコンセプト(考え方・目指すもの)や職場としての魅力についてお話しします。
広島県福山市の「オリーブハウスグループ」に就職を検討されている方はぜひ、こちらをお読みください。
あなたも、“我が家”のように家庭的な介護福祉施設「オリーブハウス」で、私たちとともに働き、成長しませんか?

基本理念

理想の認知症ケア実現を目指して

理想の認知症ケア実現を目指して

平成17年(2005)に認知症対応型共同生活介護事業所として「オリーブハウス御幸」を開設以来、次年度には蔵王に、平成19年(2007)には尾道市因島、瀬戸田にと、認知症のケアを目的とした各施設を次々と開設してきた当グループ。その間、私たちは試行錯誤を繰り返しながら、理想の認知症ケアとは何かを模索し続けてきました。
そのひとつの答えが、認知症対応型通所介護事業所(2施設)であり、小規模多機能居宅介護事業所(2施設)です。
こうした施設により従来の大規模施設では実現が難しかった柔軟で多様性に富んだ認知症ケア、地域交流・地域密着を推し進めてきました。
また、今では「障害者児童日中預かり支援事業所」、「オリーブキッズ」を開設し、高齢者介護だけでなく、障害児福祉事業、保育事業にも取り組んでいます。

“我が家”のように家庭的な介護施設

“我が家”のように家庭的な介護施設

私たちが大切にしているのは、「昔ながらの大家族のよさ、温もり」を、介護施設に取り入れること。
そのために、認知症高齢者と児童、乳幼児が日常的にふれあえるような生活環境の整備を進めてきました。これは、保育施設である「オリーブキッズ」を運営する当グループだからこそできたこと。
年齢や世代を超えて、お年寄りと子どもたち、職員が交流することで、「“我が家”のように家庭的な介護施設」が実現しています。

“地域ボランティアとの連携でさらに理想的なケアを

地域ボランティアとの連携でさらに理想的なケアを

オリーブハウスが目指したのは、“我が家”のように家庭的な介護施設であり、また同時に地域社会に開かれた介護施設です。
そのために、地域ボランティアの方々と行事で連携したり、職業教育の一環で中学生を受け入れたりと、さまざまな取り組みを実践。これにより、地域ぐるみで福祉への理解を深めることができ、同時に施設と地域が連携した理想の地域包括ケアシステムの実現にも道筋を付けることができます。

運営方針

オリーブハウスが目指す高齢者ケア、認知症ケア

社会福祉法人である私たちに課せられているのは

  • 1.利用者第一のケア
  • 2.より良いケアの実現
  • 3.地域への貢献

これらの理想を実現し、具体化することこそ使命と考えます。介護や医療が必要になった方々に、最後まで自分らしく生きるため、また人生の最後を受け入れるための十分な時間を十分に確保できるよう、必要な役割を果たしていきます。   

働きがいのある職場環境

社会福祉法人の強みを生かしてさまざまな施設・サービスを経験できる

社会福祉法人の強みを生かしてさまざまな施設・サービスを経験できる

オリーブハウスグループは、グループホームや特別養護老人ホームなどさまざまな形態の介護施設を一手に運営し、しかもデイサービスやショートステイ、宿泊など多彩なサービスを提供している社会福祉法人。ですからグループで働くということは、それらのすべてを知る、経験するチャンスがあるということ。
もちろん、異動により希望の施設、サービスの担当になることも可能なので、それぞれが思い描くキャリアパスを着実に実現できます。

ボランティアを活用したふれあいのある職場環境

ボランティアを活用したふれあいのある職場環境

オリーブハウスグループでは、ご入居者に楽しんでいただける催し物はもちろん、心身をリフレッシュし、身体機能を回復させるリハビリライクなレクリエーションや、脳の働きを活性化させるレクリエーションまでさまざまなものをご用意しています。
また、毎月、学校帰りの子どもたちを20~30人招いて、ふれあいの場を設けるなどの工夫も。地域ボランティアを活用したこうした取り組みで、施設にも職場にも活気が生まれています。

保育士が常駐――だから安心して社会復帰ができる

保育士が常駐――だから安心して社会復帰ができる

育児などでしばらく仕事から遠ざかっていたが、子どもさえ預かってもらえる施設があれば、また現場に復帰したいと、考えていらっしゃる方も多いでしょう。そんな方のために、オリーブハウスグループでは保育施設「オリーブキッズ」を運営しています。もちろん、保育士が常駐しているので頼もしい限り。しかも、勤務はシフト制で、パートで働くこともできるので、フルタイムが難しいという方でも安心して仕事に復帰できます。

ワークライフバランスを重視した仕事環境

ワークライフバランスを重視した仕事環境

仕事と育児、仕事とプライバシーの両立を図りながら人生を豊かに過ごすには、十分な休暇が必要です。こうした考えから、オリーブハウスグループでは月間8日、年間96日の休暇が取得できるよう労働環境を整備しています。また、育児休暇や介護休暇を設け、子育てや両親の介護が必要なスタッフをサポートしています。このように、ワークライフバランスの重視もオリーブハウスグループにとって重要なテーマです。

長く働ける職場

長く働ける職場

誰かの役に立つ仕事がしたい、できれば住み慣れた地元で──そんな方にこそ最適なのがオリーブハウス。福山市と尾道市に介護施設だけでも7施設があり、優秀で経験豊富なスタッフの下で、介護やケアについて多くのことが学べます。しかも、研修制度や資格取得に向けたサポートも充実。さらに、女性の方には子育てしながら働けるように、保育施設「オリーブキッズ」を併設しています。もちろん、給与・待遇・福利厚生の充実も見逃せません。これだけの環境が整っているオリーブハウスグループだからこそ、やりがいのある仕事を長く続けられるのです。

本社のブログ

ブログ一覧へ