• 資料請求・見学申込・ご相談
  • 採用エントリー

TEL:084-976-2381

オリーブハウス幸千

  1. ホーム
  2. オリーブハウス幸千

地域密着型特別養護老人ホーム「オリーブハウス幸千」

広島県福山市の「オリーブハウスグループ」が2019年春のオープンを目指して新設計画を進めている地域密着型特別養護老人ホーム「オリーブハウス幸千」についてその概要をご案内します。
多くのご入居者にとって“我が家”のように家庭的な雰囲気と居宅に限りなく近い生活支援を目指したオリーブハウス幸千にご期待ください。

2019年春に特別養護老人ホーム「オリーブハウス幸千」がオープン

2019年春に特別養護老人ホーム「オリーブハウス幸千」がオープン

福山市内、尾道市内にグループホームなど6施設を運営するオリーブハウス。
そんな当グループが2019年春のオープンを目指して計画を進めているのが「オリーブハウス幸千」。他の施設同様、“我が家”と変わらない暮らしを送っていただけることを目指した地域密着型特別養護老人ホームです。

その人が“その人らしく”生活できるための支援

その人が“その人らしく”生活できるための支援

住み慣れた街で、我が家のような環境で暮らす

介護施設の理想は、やはり利用される方にとって住み慣れた街にあること。
そして、我が家と変わらない家庭的でアットホームな雰囲気を大切にすることだと言えます。オリーブハウス幸千はこうした考え方を重視した地域密着型特別養護老人ホームです。
私たちは利用者の方が可能な限り自らサービスを選択できるように、ご入居者本位の立場に立った支援やサービスを提供し、可能な限り、居宅に近い生活支援を実践します。

地域社会に開かれた介護施設として

地域社会に開かれた介護施設として

オリーブハウス幸千は、地域社会に開かれた介護施設です。
したがって、地域ボランティアの方々と行事で連携することはもちろんですが、ボランティアを前提としない、より素朴な人と人とのふれあい、地域の方々との交流が自然と生まれるような環境づくりも実践していきます。
例えば、オリーブハウス幸千を地域住人の方々に趣味活動の場や発表の場として活用していただくことで、それがご入居者にとって支援となるような“場”にしていけたらと考えています。

「豊かな自然に馴染む家」がコンセプト

「豊かな自然に馴染む家」がコンセプト

ご自宅を離れても、周囲に昔懐かしい風景が広がっていたり、幼少期に過ごしたような自然が広がったりしていれば、ご入居者も安心して毎日を送ることができるでしょう。オリーブハウス幸千が、高屋川が流れ、里山や桜並木が広がる風光明媚なエリアに計画されたのはまさにこのためです。
施設となる建物もこうした周囲の景観に馴染む素朴な家の佇まい、外観デザインを目指しました。

普段の生活・見守りやすさ

普段の生活・見守りやすさ

どのご入居者にとっても居心地のよい空間づくり

オリーブハウス幸千では、ご入居者にとって、我が家の延長となるような環境づくり、居心地のよい空間づくりを目指しました。
例えば、施設外部の公共空間とプライベートな空間である個室を寸断せず、緩やかにつなぐことで多様な生活空間を創造。
「皆で過ごしたい」「気の合う同士でいたい」「1人になりたい」──ご入居者の志向やその時の気分で、居場所を自由に変えられる空間づくりは大きな特色のひとつです。

介護スタッフが共同生活者になる理想の環境

介護スタッフが共同生活者になる理想の環境

私たちが目指したのは、介護スタッフがご入居者にとって共同生活者となる施設。
多くの介護施設では、とかくご入居者を監視しやすいよう空間設計がなされていますが、これではオリーブハウスの持ち味である“我が家”のような家庭的な雰囲気は実現できません。
オリーブハウス幸千では、ご入居者のプライバシーや尊厳を重視しながらも、スタッフにとって見守りがしやすいコンパクトな動線とすることで、日中におけるリビングでの行き届いたケアを両立しました。

普段の生活・見守りやすさ

我が家と変わりないスケール感で安全性を確保

介護施設はただ単に広ければよいというものではありません。例えば広いリビングでは、つかまる場所がなく転倒のリスクが増大するからです。
オリーブハウス幸千では、家庭的なスケール感を重視した空間設計で、こうした危険性を排除。動線そのものがコンパクトになるため、スタッフにとってもご入居者にとっても、安全かつ見守りやケアがしやすい環境になりました。
このように、居心地よく安全な生活環境がプランできるのも、建設業を営むグループ企業と連携できるオリーブハウスならでは。「人が暮らす環境づくり」は、私たちがもっとも得意とするところです。

施設概要

施設種別 特別養護老人ホーム
所在地 〒720-0004
広島県福山市御幸町大字中津原850-1(開業予定地)
建物 鉄筋コンクリート・3階建て(29室)洋室
定員(予定) 入居:29 名
ショートステイサービス:9名
入居条件 要介護3以上
連携医療機関 近隣の医院および総合病院
その他 ターミナルケア対応/生活保護対応
建設予定地

お問い合わせ先はこちら

オリーブハウス本社 オリーブハウス幸千開設準備室

TEL:084-976-2381

メールでのお問い合わせはこちらから

もうひとつの我が家を実感できるくつろぎと楽しさ、おいしい食事、安心な暮らし

もうひとつの我が家を実感できるくつろぎと楽しさ、おいしい食事、安心な暮らし

オリーブハウス幸千は、当グループが運営する他の施設と同様、“我が家”のような生活と居宅に限りなく近いケアを目指した特別養護老人ホームです。
ご自宅で過ごしているのと変わらない快適さ、居心地のよさを感じていただきながら、これまで通り、好きな趣味や菜園づくりにも専念していただけるよう環境整備にも力を入れています。
それでいて、ケアマネージャーを中心とした介護福祉士による24時間のサポートや、おいしさと健康、食べやすさを十二分に考えたお食事など、ご自宅にはない “安心”も実感していただけます。

新設に伴い“仲間”を求めています

普段の生活・見守りやすさ

2019年春の新設にあたり、オリーブハウス幸千では介護福祉士(正社員・パート)、介護スタッフ(パート)を募集しています。
経験者の方、介護福祉士などの資格をお持ちの方はもちろん、未経験の方、資格取得がまだという方も歓迎いたします。
なお、就職を希望される方は、まず当サイトの募集要項をご覧ください。なお、ご応募はこちらからどうぞ。

幸千のブログ

ブログ一覧へ